EA90 SLX ベアリング交換 スポーク交換

ホイール 作業日報

こんばんは。

イーストン EA90のベアリング交換でお預かりしました。


画像は作業後。

こちらのホイールは、知人がシクロクロスで使用されていたモノを譲って頂いたけれど、かなり酷使されていた様でベアリングは錆びてボロボロで何発か粉砕していて、リアスポークには曲がりやチェーン落ちであろう傷がDS引張方向全てに入っていました。

譲って頂いた金額をお聞きしたところ、そもそも状態が良かったとしても高いな~と思ってしまう金額だった上に、状態は最悪なので通常ならソッコー返品もしくは一部返金などの案件ですが、こちらのお客様は「恐らく先方はこの状態に気付いておらず、好意を無下にしたくない」との事でご自身で全て修理費を負担する事にしたそうです。

周囲への配慮・気遣いのできるとても優しい方なのだと感じましたが、色んな事で損を被っているのではないかと邪推してしまいます。

で、まずはご自身でベアリング交換を試みたところ、圧入する際に新品のベアリングを破損させてしまったそうで、諦めて当店へ持ち込まれたそうです。

ARPホイールもオーダー頂き、いずれこちらのイーストンは殆ど使用しなくなるとの事でしたので、なるべくコストを掛けずに修理する方針になりました。

丁度、部品取り用に保管していたリアのechoハブと、EA90の中古スポークがありましたので、可能な限りそれを使用し、足りない部品は取り寄せるという事になりました。

ハブの展開図もご提供頂き助かりました。

ベアリングを取り寄せつつその時にできる範囲の作業を進めていた為、作業途中の画像は撮り忘れましたが事後のは何枚かありました。


フロントベアリングは取り寄せです。
今回のベアリング損壊がトラウマ案件だった様でしきりに耐久性を気にされていた為、回転性能は多少犠牲になるけれど最も耐腐食性の高いメタルシールのモノを採用しました。


部品取りの選定から漏れたパーツたちです。
シャフトとエンドキャップはまだ使えそうですが、ベアリングは全てダメなので廃棄します。


交換したスポークたちです。
DS引張方向5本全て首元にガリ傷が入っていて、内1本は変形しています。

こちらのホイールはベアリングの損壊やスポーク曲がりが発覚する前に、SE〇さんの方で振れ取りをしてもらったそうです。

元の状態がまともなら、変形したスポークを交換して周りとテンションを合わせれば振れは出ないハズなのですが、縦も横も振れが大きく、センターもズレていますしスポークテンションもバラつきがありました。

そもそもベアリングが粉砕して軸がガタガタの状態では振れ調整など通常はできませんが、SE〇さんではその状態で調整しキッチリ代金を徴収されたそうで、その技術力たるやサスガです。