YZF-R6 エンジン警告灯 エラーコード消去

こんばんは。

R6のエンジン警告灯が点灯してしまいました。

20190316191955376.jpg
RapidBikeとオートブリッパーを導入したばかりの頃、イグニッションをオンにするとオートブリッパーが電力を喰ってしまって電圧不足の状態になり、その状態でセルを回すとエンジン警告灯が点灯してしまうという症状が出ていました。

最新のRapidBikeのファームウェアでは対策されておりまして、エンジンが掛かってからオートブリッパーに通電する様になった為、基本的には警告灯が点いてしまう事はありません。

では今回何故また警告灯が点いたのかと言いますと、知人が企画・運営してくれているミニサーキットを貸し切って終日走り放題的なイベントへ参加しまして、

ミニサーキットなので低ギア高回転ばかり使って、一枠走り終える毎にCCUに繋いでラップタイムや走行データをチェックする為に、頻繁にエンジンのオン・オフを繰り返した為かと思われます。

で、最近のバイクは一度エンジン警告灯が点灯したら、その異常が直ったとしても点灯し続けます。

20190316203014503.jpg
警告灯が点灯した原因がバイクの方に記憶されてしまっているワケなので、OBD2に診断ツールを繋いでエラーコードを消去してやる必要があります。

20190316203225239.jpg
警告灯が消えました。

車なら基本的にOBD2の端子はそのまま使えますが、オートバイの場合はスペースの問題なのか何なのかメーカーに寄って端子の形状が違ったりします。

ウチにはR6用に購入したヤマハ用のコネクターしかないので、他メーカーには対応できません。